ベーコンなレタスがとまらない(意味深)

BLにまつわるあれやこれ。感想とか。私はkindleユーザーなので、kindleについての情報が多めです。

【BL書評】クマとインテリ / basso

kindleで、basso先生のシリーズが再発売されていました。
今まで、電子書籍になってなかったんですね。意外です。


さて、basso先生といえば、あの独特のひょろり系おされ男子の独特な絵柄が特徴ですが。
あの絵柄が苦手でない人は、面白いから是非読んでほしい。

私も昔、紙で出た時に迷わず買いましたが、今回さらに電子で買い直しました!
それくらい面白いのです!!

クマとインテリ / basso


クマとインテリ (EDGE COMIX)


手に取ったきっかけは、タイトルと表紙。またです。
いい加減にしろって? すみません。
ジャケ買い好きです。

 
この「クマとインテリ」は短編集。
「イタリア男・スーツ・眼鏡」を、美味しくいただく短編集です。

私、イタリアも好きなんですよね。ホント、俺得ですみません。


そして、表題作はおじさまも、美味しくいただけます。

タイトル通り、クマ(カメラマン)と、インテリ(メガネでスーツのおじさま議員)でございます。

えろーすは少なめですが。
雰囲気や設定、世界観を楽しむ漫画となってます。
特に、オヤジ好きの方にはたまらんと思います。


特にね、あの細い足がね。。。(意味深)


おじさまのヒョロイ細い足って、いいと思いませんか??
その昔、若い時分は筋肉がついていたのだろうに、それが年齢とともに枯れかけてしまった、あのヒョロイ足。
しおしおのぷーの一歩手前、しわしわのししゃもみたいな、足!


特に、スーツをめくった足がそんなのだと、もうたまりませんね!(え)


おされ系というよりも、そんな感じなのです。
わかっていただけるだろうか。。。


ストーリー的には、アンチゲイで隠れゲイ元首相が、タイプじゃないカメラマンにバカンス先で押し倒されちゃいます。
その頭の硬さがまた、おじさんですよね。
とってもいいです。
わかっていただけるだろうか。


なんかさっきから「いい」としか言ってない気がする。
語彙力はどこへ行った。。。


この中のワードに一つでも刺さった方は是非、読んでほしい。
そして、続編も出ているので、沼にはまってほしい(笑)