ベーコンなレタスがとまらない(意味深)

BLにまつわるあれやこれ。感想とか。私はkindleユーザーなので、kindleについての情報が多めです。

【50%ポイント還元】竹宮惠子先生デビュー50周年記念! 「風と木の詩」ebookjapanにて1週間読み放題! kindleもポイント還元追撃中!(2017/12/8まで)【ebookjapan】【kindle追撃】

竹宮惠子先生が、デビュー50周年とのこと! すごい、半端ないです! おめでとうございます!!
これを記念して、ebookjapanさんにて、あのBLの名作「風と木の詩」が昨日から1週間、全巻読み放題キャンペーンを実施中です!
竹宮惠子先生の他の作品も半額キャンペーン中で、大盤振る舞いです!!
kindleでも50%ポイント還元にて追撃していますので、ご紹介。でも、一部途中の巻はまだ4%とかだったりするので、お買い求めの際はポイント還元率をお確かめください。


f:id:aquaa:20171202193225p:plain

 

風と木の詩とは?


言わずと知れた、BL初期の名作。
でも意外と若い方は読まれたことがないかも。
と言うわけで、ご存知ない方のために、以下ebookjapanさま特設ページより引用させていただきます。


f:id:aquaa:20171202193305p:plain


いわゆる、学園モノの走りだったわけです。
でも、時代考証なんかもすごくされているので、大河ロマンとか言われていたりもします。


ebookjapan特設ページでは、会員登録なしで1巻が読めますので、試してみてもいいかもしれません!
こちらのページでは、竹宮惠子先生自ら舞台背景ガイドも掲載されていますので、より深く楽しめること間違いなしです!(親切!!)


ebookjapan『風と木の詩』特設ページへ進む


――ぼくを満たしてくれるものは、あのあつい肌と肌とのふれあい――。
妖しい魅力を纏った少年、ジルベールコクトーは抱かれることでしか心満たされず、威厳あるラコンブラード学院においても退廃的な生活を送っていた。
あるのは、孤独だけ……
そんな中、学院に1人の転入生がやってくる。セルジュ・バトゥール――貴族の父とジプシーの母の血を引き、黒髪ととび色の肌をした転入生。
眩いばかりの純粋さで周囲を魅了する一方で、彼もまた埋めがたい孤独を抱えていた。
共に孤独を抱えながら、対照的な2人は、傷つけ傷つきながらも交差する。
19世紀南仏を舞台に開花する青春と愛を描いた、傑作ロマン第1巻!

 

風と木の詩以外もセールになっています!


その他、SF好きは必ず読んでいた伝説的名作「地球へ…」や、両生具有の王子の宿命を圧倒的に描く「イズァローン伝説」の1巻も、ebookjapanさんでは30%OFF!
なので、勿論kindleでもポイント還元中ですよ!!
地球へ…」は31%ポイント還元、「イズァローン伝説」はなぜか78%ポイント還元です!


kindleで竹宮惠子先生作品をチェックする


地球へ… (1)

地球へ… (1)

遙か遠い未来……ワープ航法を可能にした人類は、欠乏する資源を求めて宇宙へと飛び立つなか、一つの結論に到達した。
人間たちこそが地球(テラ)を窒息させる――と。
そして訪れた、特殊政府体制(スペリオルドミネーション)の時代。
性格一致、完全温厚、歩行整然……一糸乱れず。エネルギーのぬけた顔が並ぶ中ひときわ目立つ、エネルギーがありあまった不良児童・ジョミー・マーキス・シンにも“目覚めの日”が訪れようとしていた。
1977年の連載開始と共に大ブームを巻き起こした、冒険と感動の超大作SFコミックス地球へ…』。
連載当時のカラーページを完全復刻し、今よみがえる!


イズァローン伝説 (1) アッハ・イシュカの庭

イズァローン伝説 (1) アッハ・イシュカの庭

これは人びとと自然とが、まだ分かたれないころの物語。
樹海に覆われしイズァローン王国にはふたりの王の子がいた。現王の子アル・ティオキアと、亡き兄王の子ルキシュ――
幼少期を両性体(プロトタイプ)で過ごすというこの国の子どもの特質により、王子でもなく王女でもないまま、きょうだいのように仲良く育っていったふたりであったが、時がたち、ひとり――ルキシュが王子となっても、もうひとり――ティオキアは両性体のままであったことにより、次期王位をめぐる周りの人々によってふたりの仲は切りはなされていった。
その中、ティオキアはイズァローン王の命により人質として隣国へ送られることになる――!!

 

この機会に是非名作をチェックどうぞ〜!


さすが50周年、絵柄は「昔の少女漫画!」って感じですが。
ストーリーはめっちゃ面白いです!
時代考証がしっかりされてる物語はいつ読んでも面白いのでいいですね!

風と木の詩だけじゃなくて、他の作品も面白いので、是非この機会に触れてみてください!!


ebookjapan『風と木の詩』特設ページへ進む
kindleで竹宮惠子先生作品をチェックする