倶利伽羅書房

旧・ベーコンなレタスがとまらない(意味深)。BLにまつわるあれやこれ、時々ラノベ、TL、百合、2.5次元。推しは……あっ(察し)。情報とか感想とか。私はkindleユーザーなので、kindleについての情報が多めです。

【受賞作発売】そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―(メディアワークス文庫)など【第26回電撃小説大賞】

第26回電撃小説大賞の「メディアワークス文庫賞」「選考委員奨励賞」受賞作が発売となりました!
おめでとうございます!!

電撃小説大賞にて受賞した作品で、出版予定作品はいくつかありますが。
メディアワークス文庫賞「今夜、世界からこの恋が消えても」、選考委員奨励賞「そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―」が本日発売になっています!

 

クラスメイトにそそのかされて嘘の告白をした主人公と、すんなりつきあう許可をくれた「彼女」。
ニセモノの恋が、ニセモノにならなくなった頃、彼女の秘密が明らかになる……!
それは「前向性健忘」、記憶が1日で消えてしまう病気。
唐突にやってくる衝撃の瞬間、その先に待つ驚きの結末。
感動青春ストーリー「今夜、世界からこの恋が消えても」。

統合歴六四二年、クゼの丘。一万五千人以上の自国兵を犠牲にして、ペリドット国は森鉄戦争に勝利した。
そして終戦から二年、狙撃兵・キャスケットは陸軍遺品返還部の一人として、戦死した兵士の遺品や遺言をその家族等に届ける任務を担っていた。
そして、亡くなった兵士たちの“最期の慟哭”を届ける任務の果て、キャスケットは自身の過去に隠された真実を知る。
読む人全ての心揺さぶる圧倒的衝撃作「そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―」。

いずれもメディアワークス文庫からの出版です!

 
 

 

 

 
 
 

メディアワークス文庫賞受賞作「今夜、世界からこの恋が消えても」

一日ごとに記憶を失う君と、二度と戻れない恋をしたーー。

僕の人生は無色透明だった。日野真織と出会うまでは――。
クラスメイトに流されるまま、彼女に仕掛けた嘘の告白。しかし彼女は“お互い、本気で好きにならないこと”を条件にその告白を受け入れるという。
そうして始まった偽りの恋。やがてそれが偽りとは言えなくなったころ――僕は知る。
「病気なんだ私。前向性健忘って言って、夜眠ると忘れちゃうの。一日にあったこと、全部」
日ごと記憶を失う彼女と、一日限りの恋を積み重ねていく日々。しかしそれは突然終わりを告げ……。

唐突にやってくる衝撃の瞬間。その先に待つ驚きの結末に、読む人すべてが感動に包まれる!

 

お試し読みはこちら

 


櫻井孝宏が熱演!『今夜、世界からこの恋が消えても』(メディアワークス文庫)PV

 

作品data

作品名 今夜、世界からこの恋が消えても
作者 一条 岬
レーベル メディアワークス文庫
ISBN-13 978-4049130195

 
 

選考委員奨励賞受賞作「そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―」

戦死兵の記憶を届ける彼を、人は“死神”と忌み嫌った。胸震わす衝撃の一冊

『今日は何人撃ち殺した、キャスケット』

統合歴六四二年、クゼの丘。一万五千人以上の自国兵を犠牲にして、ペリドット国は森鉄戦争に勝利した。
そして終戦から二年、狙撃兵・キャスケットは陸軍遺品返還部の一人として、戦死した兵士の遺品や遺言をその家族等に届ける任務を担っていた。

兄の代わりに家を支える少女、
恋人を待ち続ける娼婦、
戦争から生き還った兵士。

遺された人々と出会う度に、キャスケットは静かに思い返す――

死んでいった友を、
仲間を、
家族を。

そして、亡くなった兵士たちの“最期の慟哭”を届ける任務の果て、キャスケットは自身の過去に隠された真実を知る。

選考会に波紋を広げ、第26回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》を受賞した、読む人全ての心揺さぶる圧倒的衝撃作。

 

お試し読みはこちら

 


作品data

作品名 そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―
作者 酒場 御行
レーベル メディアワークス文庫
ISBN-13 978-4049130171

 
 

第27回電撃小説大賞は。。。

締め切りは2020年4月10日 (当日消印有効)です。
詳細は、下記サイトでご確認ください。

 

dengekitaisho.jp

 
 

電撃小説大賞 他の受賞作品はこちら

bl.hatenadiary.com