倶利伽羅書房

旧・ベーコンなレタスがとまらない(意味深)。BLにまつわるあれやこれ、時々ラノベ、TL、百合、2.5次元。推しは……あっ(察し)。情報とか感想とか。私はkindleユーザーなので、kindleについての情報が多めです。

【受賞作発売】君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る/現実でラブコメできないとだれが決めた?/このぬくもりを君と呼ぶんだ (ガガガ文庫)【第14回小学館ライトノベル大賞】

第14回小学館ライトノベル大賞「ガガガ賞」「優秀賞」受賞作が発売となりました!
おめでとうございます!!


天空に浮かぶ「世界時計」を境に分かたれた「天獄」と「地国」。
地国で暮らす死者はある日、常夜の空から降ってくる彼女を見つけた。
だからこの恋は、きっと実らない。
君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る」、これはやがて世界を揺るがすことになる、相容れない僕たちの物語だ。


「ラブコメみたいな体験をしてみたい」と、誰しもが思ったことがあるだろう。
だが現実でそんな劇的なことは起こらない。
なら、自分で作るしかない!
ブコメに必要なのは、データ分析と反復練習! そして――
現実でラブコメできないとだれが決めた?」、これはラノベに憧れた男が、現実をラブコメ色に染め上げる物語。


地下都市で生きる少女レニーは、ある日不良少女のトーカと出会う。
彼女と過ごす日常は全てがフェイクの街で唯一、リアルの手触りで。
けれど謎の発火体『太陽の欠片』が降ってきて、日常は音を立てて崩れ始める――。
このぬくもりを君と呼ぶんだ」、ガールミーツガールから動き出す、青春百合SFストーリー!
 

 

 

ガガガ賞受賞作「君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る」

交わることのない、君と出会った。

天空に浮かぶ「世界時計」を境に分かたれた「天獄」と「地国」。地国で暮らす死者の僕はある日、常夜の空から降ってくる彼女を見つけた。
一目見た瞬間から僕はもう、恋に落ちていた。

彼女の名前はファイ。僕の名前はデッド。
彼女はヒトで、僕は死者。だからこの恋は、きっと実らない。
それでも夜空は今日も明るい。

二つの世界の引力バランスがひっくり返る「天地返り」の日まで、僕は地国のゾンビから彼女を守り、そしてきちんと「さよなら」を告げる。

これはやがて世界を揺るがすことになる、相容れない僕たちの物語だ。


お試し読みはこちら



【ガガガ文庫】『君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る』PV【第14回小学館ライトノベル大賞】

 

作品data

作品名 君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る
作者 零 真似
レーベル ガガガ文庫
ISBN-13 978-4094518559

 
 

優秀賞受賞作「現実でラブコメできないとだれが決めた?」

データでつくる最高の理想郷(ラブコメ)!

「ラブコメみたいな体験をしてみたい」

ライトノベルを嗜むすべてのラブコメ好きは、一度はこう思ったことがあるのではないだろうか?
ヒロインとイチャラブしたり、最高の友人達と充実した学園生活を送ったり。

だが、現実でそんな劇的なことが起こるわけもない。
義理の妹も、幼馴染も、現役アイドルなクラスメイトもミステリアスな先輩も、それどころか男の親友キャラも俺にはいない。
なら、どうするか?
自分で作り上げるしかないだろう!

ラブコメに必要なのは、データ分析と反復練習! そして――


ライトノベルに憧れた俺――長坂耕平(ながさかこうへい)が、都合良くいかない現実をラブコメ色に染め上げる!


お試し読みはこちら


 

作品data

作品名 現実でラブコメできないとだれが決めた?
作者 初鹿野 創
レーベル ガガガ文庫
ISBN-13 978-4094518566

 

優秀賞受賞作「このぬくもりを君と呼ぶんだ」

繋いだ手のぬくもり。これはきっとリアルだ。

「この雨も、風も、空も全部。もうずっと昔に地上にあったものを再現してるだけ。ただのフェイクじゃん」

有機ディスプレイは偽物の空を映し、人工太陽の光が白々しく降り注ぐ地下都市『Polis-UK8』。この全てが人の手によって作られたフェイクタウンで生きる十六歳の少女・レニーは、周りに溢れるフェイクを嫌い、リアルな『何か』を探している。

そんなレニーが出会ったのは一人の少女・トーカ。サボリ魔で不良少女たるトーカに、レニーは特別な『何か』を感じ、一緒の時間を過ごすようになる。

ある日、レニーの前に空から謎の球体が降ってくる。まるで太陽のように真っ赤に燃えていた小さなそれを、レニーは『太陽の欠片』と名付け正体を探ろうとする。

一方その頃、トーカの方でも何やら変化が起こっていて、二人の日常は音を立てて崩れ始めていく―― 。

「きっと隣にレニーがいるから――こんな毎日なら、あたしは悪くないと思えるんだ」

いつかトーカが言った言葉。あれはフェイクだったの? それとも――。


地下都市に生きる二人の少女のリアルとは――ガールミーツガールから動き出す、青春SFストーリー!


お試し読みはこちら



【ガガガ文庫】『このぬくもりを君と呼ぶんだ』PV【第14回小学館ライトノベル大賞】

 

作品data

作品名 このぬくもりを君と呼ぶんだ
作者 悠木 りん
レーベル ガガガ文庫
ISBN-13 978-4094518542

 

第15回小学館ライトノベル大賞は。。。


「ビジュアルが付くことを意識した、エンターテインメント小説であること」
という条件が、なかなか面白いですね。
メディアミックスを前提にしている、ということでしょうか。


専用WEB投稿フォームより、データ投稿可能です。
〆切は、2020年9月30日(Web投稿の場合23:59まで)です!

 

詳細は以下ホームページもご確認ください!


gagagabunko.jp

 

第14回小学館ライトノベル大賞 他の受賞作品はこちら

bl.hatenadiary.com