倶利伽羅書房

旧・ベーコンなレタスがとまらない(意味深)。BLにまつわるあれやこれ、時々ラノベ、TL、百合、2.5次元。推しは……あっ(察し)。情報とか感想とか。私はkindleユーザーなので、kindleについての情報が多めです。

【受賞作発売】地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険 (早川書房)【第10回アガサ・クリスティー賞】

第10回アガサ・クリスティー賞「大賞」受賞作が発売となりました!
おめでとうございます!!


鈴木勢太、性別男、33歳。未婚だが小学5年生の子持ち。
北海道札幌方面西方警察署刑事課勤務……のはずが、暴走車に撥ねられ、次に気づいたときには……「スマートスピーカー機能付きロボット掃除機」になっていた!

掃除じゃない、捜査だ!
ロボット掃除機になった刑事は、DV義父から愛する姪を救えるか?

選考委員たちがその卓越したアイデアに驚愕した掃除機ミステリ「地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険」、本日発売です。
 

 

 

大賞受賞作「地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険」

鈴木勢太、性別男、33歳。未婚だが小学5年生の子持ち。
北海道札幌方面西方警察署刑事課勤務……のはずが、暴走車に撥ねられ、次に気づいたときには……「スマートスピーカー機能付きロボット掃除機」になっていた!

しかもすぐ隣の部屋には何故か中年男性の死体が。

どんなに信じられない状況でも、勢太には諦められない理由があった。
亡き姉の忘れ形見として引き取った姪・朱麗のことだ。
朱麗の義父だった賀治野は、姉と朱麗に暴力を働き接近禁止命令が出ていたが、勢太がそばを離れたとわかったら朱麗を取り戻しにやってくる。
勢太の目覚めた札幌から朱麗のいる小樽まで約30キロ。
掃除機の機能を駆使した勢太の大いなる旅が始まる。

だが、行く手にたちはだかる壁、ドア、段差!
自転車、子ども、老人!
そして見つけた死体と、賀治野と、姉の死の謎!

次々に襲い掛かる難問を解決して小樽に辿り着き、勢太は朱麗を守ることができるのか。

第10回アガサ・クリスティー賞大賞に輝く、選考委員たちがその卓越したアイデアに驚愕した掃除機ミステリ登場!

 

作品data

作品名 地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険
作者 そえだ 信
レーベル 早川書房
ISBN-13 978-4152099853

 
 

第11回 アガサ・クリスティー賞は。。。

アガサ・クリスティー賞は、本格ミステリをはじめ、冒険小説、スパイ小説、サスペンスなど、クリスティーの伝統を現代に受け継ぎ、発展、進化させる総合的なミステリ小説を対象となっています。

Webによる応募はなく、紙原稿のみの応募となります。
〆切は、2021年2月28日(当日消印有効)。

詳細は以下募集要項もご確認ください。

www.hayakawa-online.co.jp