倶利伽羅書房

旧・ベーコンなレタスがとまらない(意味深)。BLにまつわるあれやこれ、時々ラノベ、TL、百合、2.5次元。推しは……あっ(察し)。情報とか感想とか。私はkindleユーザーなので、kindleについての情報が多めです。

【受賞作発売】人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル/ヴィンダウス・エンジン (ハヤカワ文庫JA)【第8回ハヤカワSFコンテスト】

第8回ハヤカワSFコンテスト「優秀賞」受賞作が2作品、発売となりました!
おめでとうございます!!


ヴィンダウス症――動かないもの一切が見えなくなる未知の疾患。
韓国の青年、キム・テフンはこの難病から苦心の末に寛解状態へと持ち直したことで、中国・成都の四川生化学総合研究所から協力を要請される。
それはヴィンダウス症の寛解者と都市機能AIを接続する未曾有の実験だった。
ヴィンダウス・エンジン」。
様々な思惑が交錯する近未来の中国で、都市と人間をめぐる巨大な計画が動き出していく――

 

首都圏ビッグデータ保安システムが導入された近未来。
AI技術者の三ノ瀬と映画マニアの五嶋が、自動運転現金輸送車の誘拐に挑む。

現金輸送車を狙い、違法カジノから奪い、マフィアを出し抜く、テクノ犯罪SF。

受賞時タイトル『電子の泥舟に金貨を積んで』より改題、「人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル」。
改題の是非についてツイッター上で発売前から話題沸騰の作品です!

  

 

 

優秀賞受賞作「人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル」

逆転人生スラップスティック
僕たちの明るい未来を奪い返す!

首都圏ビッグデータ保安システム特別法が施行され、凶悪犯罪は激減――にもかかわらず、親の借金で臓器を売られる瀬戸際だった人工知能技術者の三ノ瀬。
彼は人工知能の心を読み、認識を欺く技術――Adversarial Example――をフリーランス犯罪者の五嶋に見込まれ、自動運転現金輸送車の強奪に参加するが……。

人生逆転&一攫千金、ギークなふたりのサイバー・ギャングSF!



→そして、この改題事件(?)の真相と作者様の内情も面白かったです!
note.com


 

作品data

作品名 人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル
作者 竹田人造
レーベル ハヤカワ文庫JA
ISBN-13 978-4150314576

 

優秀賞受賞作「ヴィンダウス・エンジン」

近未来、中国・成都。
新たな想像力で描かれる
アジアン・サイバーパンク!

ヴィンダウス症――動かないもの一切が見えなくなる未知の疾患。
韓国の青年、キム・テフンはこの難病から苦心の末に寛解状態へと持ち直したことで、中国・成都の四川生化学総合研究所から協力を要請される。
それはヴィンダウス症の寛解者と都市機能AIを接続する未曾有の実験だった。
様々な思惑が交錯する近未来の中国で、都市と人間をめぐる巨大な計画が動き出していく――

第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作。

 

作品data

作品名 ヴィンダウス・エンジン
作者 十三 不塔
レーベル ハヤカワ文庫JA
ISBN-13 978-4150314583


 

両作品のお試し読みはこちら!

ハヤカワ文庫さんによるお試し読みページです。

www.hayakawabooks.com

 
 

第9回 ハヤカワSFコンテストは。。。

ハヤカワSFコンテストは、広義のSFが審査対象となっています。
さらに、受賞作品は、映画、ゲーム、アニメーションなど多角的なメディアミックス展開を目指します。

ウェブ上で発表した小説、同人誌などごく少部数の媒体で発表した小説の応募も可ですが、改稿を加えた上で応募し、選考期間中はウェブ上で閲覧できない状態にすることが条件です。

Webによる応募はなく、紙原稿のみの応募となります。
〆切は、2021年3月31日(当日消印有効)。

詳細は以下募集要項もご確認ください。

www.hayakawa-online.co.jp