倶利伽羅書房

旧・ベーコンなレタスがとまらない(意味深)。BLにまつわるあれやこれ、時々ラノベ、TL、百合、2.5次元。推しは……あっ(察し)。情報とか感想とか。私はkindleユーザーなので、kindleについての情報が多めです。

【受賞作発売】ヴェルサイユ宮の聖殺人 (早川書房)【第10回アガサ・クリスティー賞】

第10回アガサ・クリスティー賞「優秀賞」受賞作が発売となりました!
おめでとうございます!!


1782年5月――
ブルボン朝フランス王国が黄昏を迎えつつある頃、国王ルイ16世のいとこにして王妃マリー=アントワネットの元総女官長マリー=アメリーは、ヴェルサイユ宮殿の施錠された自室で刺殺体に遭遇する。
殺されていたのは、パリ・オペラ座の演出家を務めるブリュネル。
遺体は聖書をつかみ、カラヴァッジョ「聖マタイと天使」に血文字を残していた。
そして、傍らに意識を失くして横たわっていたのは、戦場帰りの陸軍大尉ボーフランシュだった――。

戦場帰りの青年士官と、マリー=アントワネットの総女官長が挑む神すらあざむく殺人劇の謎。
『ミゼレーレ・メイ・デウス』改題、「ヴェルサイユ宮の聖殺人」、本日発売です。

 

 

 

優秀賞受賞作「ヴェルサイユ宮の聖殺人」

1782年5月――
ブルボン朝フランス王国が黄昏を迎えつつある頃、国王ルイ16世のいとこにして王妃マリー=アントワネットの元総女官長マリー=アメリーは、ヴェルサイユ宮殿の施錠された自室で刺殺体に遭遇する。

殺されていたのは、パリ・オペラ座の演出家を務めるブリュネル。
遺体は聖書をつかみ、カラヴァッジョ「聖マタイと天使」に血文字を残していた。
そして、傍らに意識を失くして横たわっていたのは、戦場帰りの陸軍大尉ボーフランシュだった――。

マリー=アメリーは集った官憲たちに向けて、高らかに告げる。

「この方の身柄を預けて下さいませんこと? 私のアパルトマンで起きた事件です。こちらで捜査しますわ。無論、国王陛下の許可はお取りしますからご安心下さい」
「俺は助けて欲しいと一言も言ってない! 」

かくして、奇妙な縁で結ばれた、才女気取りのやんごとなき貴婦人と第一容疑者のボーフランシュ大尉は、謎多き殺人事件に挑む。
第10回アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作品!

 

作品data

作品名 ヴェルサイユ宮の聖殺人
作者 宮園ありあ
レーベル 早川書房
ISBN-13 978-4152099976

 
 

第11回 アガサ・クリスティー賞は。。。

アガサ・クリスティー賞は、本格ミステリをはじめ、冒険小説、スパイ小説、サスペンスなど、クリスティーの伝統を現代に受け継ぎ、発展、進化させる総合的なミステリ小説を対象となっています。

Webによる応募はなく、紙原稿のみの応募となります。
〆切は、2021年2月28日(当日消印有効)。

詳細は以下募集要項もご確認ください。

www.hayakawa-online.co.jp

 
 

第10回アガサ・クリスティー賞 他の受賞作品はこちら

bl.hatenadiary.com